上腕部の痛み | 土浦市口コミ上位のすずらん接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 12月の記事一覧

上腕部の痛み

2018.12.27 | Category: 肩こり

こんにちは!


今回は上腕二頭筋長頭腱炎についてです!

 

上腕二頭筋とはいわゆる力こぶの筋肉で、肘(前腕)から肩(肩甲骨)をつなぎます!

上腕二頭筋長頭腱は細長い腱であり、上腕骨の狭い隙間(結節間溝)を走行するため、負担がかかりすぎると炎症を起こしやすい組織と言えます。

上腕二頭筋長頭腱に炎症が起こると、腕を挙上したり後ろに回したりと様々な肩の動きで痛みを生じます。

肘を曲げる方向に強く力を入れたりすると肩が痛むこともあります。

また、まれに上腕二頭筋長頭腱は完全断裂することもあります。

その場合は力こぶが肩の方で凹みが生じるようになります。

発症の原因として肩をよく使うスポーツ動作や重いものを持つなどです!

上腕二頭筋長頭腱炎が起こりやすいスポーツとしては、野球、ソフトボール、バレーボール、ハンドボール、テニスなどです!

まずは患部を冷やし炎症を落ち着かせます!

上腕二頭筋長頭腱に負担をかけない!

ストレッチは大切です!

治療すればスポーツ活動、仕事への復帰は可能になってきます!

 

肩が痛く、お困りの方はぜひご相談下さい。


阿見町、土浦市で肩の痛みでお悩みの方は土浦市のすずらん接骨院まで。

リトルリーガーズショルダー(野球肩)

2018.12.14 | Category: 肩こり

こんにちは

 

タカハシです(^-^)

 

今日は肩の痛みの中でも特に野球をしている子供たちに多いリトルリーガーズショルダー(野球肩)についてです。

 

これは少年野球の選手に多いスポーツ障害です。

 

上腕骨(上腕の骨)のように長い骨を長管骨と言いますが、人間の長管骨の骨端(骨の両端)は子供は軟骨でできており、成長とともにしっかりとした骨になっていきます。

 

投球動作で腕を強く振ると、フォロースルーにおいて上腕骨近位(頭に近い側)の骨端成長軟骨板に強い力がかかり、炎症あるいは損傷が発生します。

これがリトルリーガーズショルダーです。

症状としては投球時の痛みがほとんどですが、進行すると日常生活でも痛みが出てきます。

 

改善するためには

投球数の制限

投球後のアイシング

投球フォームの改善

肩周りの筋力強化

マッサージや電気で痛みを取り除く

ストレッチで肩の可動域を増やしていく

などを行っていく必要があります。

ただこのリトルリーガーズショルダーはきちんと治療すれば怖いものではありません。

野球をしていて肩周りが痛くなってきたら近くの接骨院に相談することから始めてみて下さい。

すずらん接骨院ではこのようなスポーツでの痛みも対応しております。

 

阿見、霞ヶ浦で肩の痛みでお悩みの方は、土浦市のすずらん接骨院まで

 

肩の痛み

2018.12.10 | Category: ブログ

こんにちは!

最近どんどん寒くなりますね(;_;)

風邪など引かないように気をつけましょう!!

 

さて、今日も肩の痛みのお話です。

 

その中でも野球、テニス、バレーボールなど腕を振り下ろす動作が多いスポーツをしている方!

腕を振り下ろす時、肩に痛みや、不安定感、なんだか抜ける感じがすることはないですか??

もしかしたらSLAP損傷を引き起こしているかもしれません!

SLAP損傷とは、肩関節にある軟骨で受け皿のように肩関節を安定させる働きをする関節唇という部分が投球動作などの腕を振り下ろす動作が繰り返されることによって剥がれてしまったり、切れてしまうことを言います。

すると先ほどのような、痛み、不安定感、肩が抜けてしまうような感じがしてしまうのです。さらに放って置くと慢性化してしまいます!!

 

なのでそうなる前に肩の周囲の筋肉トレーニングやストレッチなどしっかり行うことがとても大事になります。

しかし、どんなことをすればいいのか、どれくらいやればいいのか疑問は出てくると思います。

当院ではその患者様にあったトレーニングやストレッチなどもご提案します!!

 

肩の痛みでお困りのことご相談ください!

 

阿見町、土浦市で肩の痛みでお困りの方は土浦市のすずらん接骨院まで!